パーマや縮毛矯正のかかりが悪い原因って?

December 9, 2017

 

荒川区町屋にある可愛い小さな美容室sasaで綺麗になるお手伝いをしております。

 

山岸です!

 

 

 

 

日々サロンでの出来事、カラー、パーマ、縮毛矯正、ストカール、ヘッドスパなどなど

少しでも皆様のお役に立てる様に綴っております

 

 

 

sasaってどんな美容室だろう?

 

hair salon sasaのご紹介

 

 

 

 

パーマや縮毛矯正やりたいけどいつもかかりが悪い・・・

 

 

 

 

 

 

こんなお悩みの方って結構いるんです。

 

 

 

 

 

サロンワークしていてもそんなお悩みをご相談を受けることもしばしば・・・

 

 

 

 

 

 

なんでだろう・・・?

 

 

 

 

 

 

 

 

『お家でご使用のシャンプーやトリートメント、長年市販のものを使ってはいませんか?』

 

 

 

特にトリートメントに言えることなのですが市販のトリートメントにはどんな髪質の方が使っても手触りよく、サラサラしっとりするための処方が施されいます。

 

 

市販のものって安価で誰にでも使ってもらえるようにってのが1番のポイント!

 

なので髪質に合わせた内容になっていないため使う人によっては「すごくいい」って人と「全然ダメ」って人が出てきてしまう。

 

 

 

やっぱり髪質、その時の髪の毛の状態に合わせて選んであげるのが1番いいのかなと思います。

 

 

 

しかも市販のシャンプー、トリートメントにはパーマや縮毛矯正をする際に邪魔をしてしまう成分なんかも入っている場合も・・・

 

 

だからってその物をダメ!とは山岸言いません。

 

 

 

だって気に入っているものだったら悲しいですもんね。

 

 

 

なので美容室で出来る最善の方法でかかりよくなる様にしていきますよ☆

 

 

見直せる方は見直してみてほしいですが・・・

 

その方がより綺麗に仕上がります♪

 

 

 

 

 

 

『流さないトリートメント付けすぎてはいませんか?』

 

 

 

 

 

 

 

 

特にオイル系の流さないトリートメントは要注意です。

 

 

髪の毛をサラサラにしてくれるものですが過度につけすぎてしまうとシャンプーでは流しきれなく、

 

それが積み重なると髪の毛に膜がはっている状態になってしまいその膜がパーマや縮毛矯正のお薬の邪魔をしてしまいかかりが悪い原因にもなります。

 

 

しかもカラーが綺麗に発色しない原因にもなるんです。

 

 

 

 

本来、流さないトリートメントの量は

 

 

ショートの方は半プッシュ

 

ミディアムの方は1プッシュ

 

ロングの方は2プッシュ

 

 

 

くらいでいいのかなって山岸は思います。(製品によっては多少の誤差あり)

 

 

 

 

 

 

 

この二つの注意点に共通して言えることは

 

 

 

 

 

【髪に不必要なコーティングがされてしまっていること】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

sasaでの施術はまずこの不必要なコーティングを落とすところから始まります。

 

 

このコーティングを落とすことによりお薬が髪の毛に浸透しやすい状態を作っていき施術がスタート!

 

この作業が大切なんです。

 

 

 

 

なので「いつもよりかかりが良い」ってお声を頂いております。

 

 

 

これは嬉しいこと♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただやっぱり美容室だけでは限界あります。

 

 

 

なのでお家でのケアも注意してもらえると山岸は施術がやりやすくなり嬉しいです☆

 

 

そのぶんもっと綺麗なヘアスタイルをお届けできますので♪

 

 

 

 

 

 

【関連記事】

 

 

シャンプーってどんなものを使えばいいかしら?

 

ヘアケアの見直しはまずここから!

 

トリートメントの落とし穴

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

ストカールってどんな技術?どんな人に向いてるの?

December 22, 2017

1/10
Please reload

最新記事
Please reload

カテゴリー
アーカイブ